木造住宅とは?快適に過ごすためのコツや失敗しないために知っておくべき基本情報をご紹介

当サイトは木造住宅で快適に過ごすためのコツや、失敗しないために知っておくべき基本情報をご紹介しています。
家づくりをする際に木造を検討しているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。
木造の住宅はデザインの自由度が高いので個性を表現できるというメリットがあります。
他の家と違った、個性のある家を建てたいのなら木造を選ぶと良いかも知れません。
木造の住宅は遮音性能が低いので対策が必要です。
快適に暮らせる家を建てるときには配慮したいものです。

木造住宅とは?快適に過ごすためのコツや失敗しないために知っておくべき基本情報をご紹介

日本の風土になじむ木造住宅で快適に暮らすにはどうしたら良いのか、という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
基本情報をご紹介すると、木造住宅は天然の木材を作って作られているので日本の風土に合っていて心地よく暮らせる家にすることができますが、害虫対策のメンテナンスをする必要があります。
また自然災害によって劣化する恐れもありますので、これから家を建てる際には災害対策も考えておくのがおすすめです。

木造住宅とは木材を使った古来かある構造形式

木造住宅とは木材を使用した日本古来かある構造形式であることから、日本人にとって馴染み深く現在でも一般住宅に多く利用されています。
しかし現在は鉄骨造住宅も増えたことにより、木造住宅の特徴やメリットを詳しく知らないという方も少なくありません。
まず木造住宅のメリットとして挙げられるのが、建築コストが安く抑えることができることにあります。
建築材に鉄骨を使用する際には十分に防錆処理や耐火処理を行う必要がありますが、木材の場合建材として使用するものの厚みや種類によっては、簡易的な処理で高い耐火効果が期待できます。
また鉄骨・コンクリートと比較して木の建材は軽量なため工事に必要となる機材や手間が減るため、材料費に加えて人件費・運搬費もまとめて費用を抑えられます。
木造住宅とは鉄骨・コンクリートと比べて断熱性や吸湿性に優れており、外気温や湿度の影響が少なく済むため他の工法ほど断熱材を使用する必要がありません。
湿度の高くなる夏には空気中の水分を吸収することで室内の湿度を下げたり、湿度が低くなる冬には乾燥した空気中に水分を放出するので足りない湿度を補える強みがあります。

木造住宅のメリット木材の種類によってコストを抑えることができる点

木造住宅のメリットは、使用する木材の種類を選ぶことで、住宅の建設費用を抑えられることです。
木造住宅を建設するために使用されている木材にはさまざまな種類があり、国産の高級木材を使用して住宅を建設することもできます。
ですが、こうした高級な木材を大量に使用すると、建設費が大幅に高くなってしまうので、できるだけ安い費用で家を建設したい人は、他の種類の木材を検討することも必要です。
安い費用で住宅を建設しやすい木材として注目されているのは、外国で生産された木材です。
輸入木材の中には国産のものよりも価格が大幅に安いものもあり、コストをかけずに住宅を建設したい場合などによく使用されています。
輸入木材の中には価格が安いだけでなく、性能が優れているものもあります。
国内で生産されている高級な木材に劣らないような高い性能を持っている輸入木材もあり、コストをかけずに質の高い住宅を建設したい場合にも利用しやすい素材です。

木造住宅のデメリットは耐震性に不安がある点

日本全国にある住宅になかで、もっとも大きなシェアを占めているのが木造住宅です。
素材となる材木が数多くあり、施工費用も比較的お安いという点が採用される理由となるでしょう。
これから木造住宅を建設するという方も大勢いらっしゃるでしょうが、ここではデメリットとなる耐震性について見ていきます。
国内では大きな地震が相次いで発生をしており、今後もその傾向は続く見通しです。
木造建築の場合、基本的には耐震性を高めるには筋交いという木材を壁に埋め込む以外に方法はありません。
この筋交いを備えることで、ない場合と比べても約20パーセントの耐震強度をアップさせることが可能です。
しかし、鉄筋コンクリートと比べるとその強度は低くなるため、木造住宅では地震の被害を抑えるのが難しいと言われる所以です。
なお、最近ではデメリットを補える新しい施工法が確立をされました。
それはツーバイフォー工法と呼ばれるもので、これを採用することで飛躍的に耐久度をアップさせられます。

木造住宅は湿度を一定に保つことができる

室内で過ごす時間が長い人ほど、湿度管理をして快適で健康的な住環境を維持する必要があります。
木造住宅の木材が健康であれば、家族も快適に過ごすことができます。
湿気が少ないと柱や梁にチェックが入ったり、大きなクラックが入ったりすることになります。
木造住宅も人間の体と同じで、寒いと空気中の水分が不足して乾燥肌や喉の痛みなどの健康問題を引き起こします。
古い木造住宅に古いタイプの暖房器具がある場合、熱のために空気が乾燥しほこりがたまりやすくなります。
くわえて静電気のショックがあり、木製家具の接合部が乾燥してダメージを受けます。
夏は日が長くなり気温も高くなるため、湿気が多くなります。
夏のジメジメは、気温の上昇とともにさらに暑さを感じさせ、個人の快適性に影響を与える可能性があります。
湿度を管理することで、木製家具の接合部の緩みや静電気、その他健康上の問題を防ぐことができます。
あまり知られていませんが、木造住宅は鉄筋コンクリート造や鉄骨造と比べて、乾燥やジメジメが起こりにくいです。
これは木が水蒸気を吸ったり吐いたりするからです。

著者:菅野佳子

筆者プロフィール

福島県会津若松市生まれ。
木造住宅に憧れ新築の木造住宅を建てました。
この経験をもとに木造住宅の記事を書いています。
会津若松市で木造住宅を建てよう!