木造住宅とは?快適に過ごすためのコツや失敗しないために知っておくべき基本情報をご紹介

当サイトは木造住宅で快適に過ごすためのコツや、失敗しないために知っておくべき基本情報をご紹介しています。
家づくりをする際に木造を検討しているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。
木造の住宅はデザインの自由度が高いので個性を表現できるというメリットがあります。
他の家と違った、個性のある家を建てたいのなら木造を選ぶと良いかも知れません。
木造の住宅は遮音性能が低いので対策が必要です。
快適に暮らせる家を建てるときには配慮したいものです。

木造住宅とは?快適に過ごすためのコツや失敗しないために知っておくべき基本情報をご紹介

日本の風土になじむ木造住宅で快適に暮らすにはどうしたら良いのか、という疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
基本情報をご紹介すると、木造住宅は天然の木材を作って作られているので日本の風土に合っていて心地よく暮らせる家にすることができますが、害虫対策のメンテナンスをする必要があります。
また自然災害によって劣化する恐れもありますので、これから家を建てる際には災害対策も考えておくのがおすすめです。

木造住宅とは木材を使った古来かある構造形式

木造住宅とは木材を使用した日本古来かある構造形式であることから、日本人にとって馴染み深く現在でも一般住宅に多く利用されています。
しかし現在は鉄骨造住宅も増えたことにより、木造住宅の特徴やメリットを詳しく知らないという方も少なくありません。
まず木造住宅のメリットとして挙げられるのが、建築コストが安く抑えることができることにあります。
建築材に鉄骨を使用する際には十分に防錆処理や耐火処理を行う必要がありますが、木材の場合建材として使用するものの厚みや種類によっては、簡易的な処理で高い耐火効果が期待できます。
また鉄骨・コンクリートと比較して木の建材は軽量なため工事に必要となる機材や手間が減るため、材料費に加えて人件費・運搬費もまとめて費用を抑えられます。
木造住宅とは鉄骨・コンクリートと比べて断熱性や吸湿性に優れており、外気温や湿度の影響が少なく済むため他の工法ほど断熱材を使用する必要がありません。
湿度の高くなる夏には空気中の水分を吸収することで室内の湿度を下げたり、湿度が低くなる冬には乾燥した空気中に水分を放出するので足りない湿度を補える強みがあります。

木造住宅のメリット木材の種類によってコストを抑えることができる点

木造住宅のメリットは、使用する木材の種類を選ぶことで、住宅の建設費用を抑えられることです。
木造住宅を建設するために使用されている木材にはさまざまな種類があり、国産の高級木材を使用して住宅を建設することもできます。
ですが、こうした高級な木材を大量に使用すると、建設費が大幅に高くなってしまうので、できるだけ安い費用で家を建設したい人は、他の種類の木材を検討することも必要です。
安い費用で住宅を建設しやすい木材として注目されているのは、外国で生産された木材です。
輸入木材の中には国産のものよりも価格が大幅に安いものもあり、コストをかけずに住宅を建設したい場合などによく使用されています。
輸入木材の中には価格が安いだけでなく、性能が優れているものもあります。
国内で生産されている高級な木材に劣らないような高い性能を持っている輸入木材もあり、コストをかけずに質の高い住宅を建設したい場合にも利用しやすい素材です。

木造住宅のデメリットは耐震性に不安がある点

日本全国にある住宅になかで、もっとも大きなシェアを占めているのが木造住宅です。
素材となる材木が数多くあり、施工費用も比較的お安いという点が採用される理由となるでしょう。
これから木造住宅を建設するという方も大勢いらっしゃるでしょうが、ここではデメリットとなる耐震性について見ていきます。
国内では大きな地震が相次いで発生をしており、今後もその傾向は続く見通しです。
木造建築の場合、基本的には耐震性を高めるには筋交いという木材を壁に埋め込む以外に方法はありません。
この筋交いを備えることで、ない場合と比べても約20パーセントの耐震強度をアップさせることが可能です。
しかし、鉄筋コンクリートと比べるとその強度は低くなるため、木造住宅では地震の被害を抑えるのが難しいと言われる所以です。
なお、最近ではデメリットを補える新しい施工法が確立をされました。
それはツーバイフォー工法と呼ばれるもので、これを採用することで飛躍的に耐久度をアップさせられます。

木造住宅は湿度を一定に保つことができる

室内で過ごす時間が長い人ほど、湿度管理をして快適で健康的な住環境を維持する必要があります。
木造住宅の木材が健康であれば、家族も快適に過ごすことができます。
湿気が少ないと柱や梁にチェックが入ったり、大きなクラックが入ったりすることになります。
木造住宅も人間の体と同じで、寒いと空気中の水分が不足して乾燥肌や喉の痛みなどの健康問題を引き起こします。
古い木造住宅に古いタイプの暖房器具がある場合、熱のために空気が乾燥しほこりがたまりやすくなります。
くわえて静電気のショックがあり、木製家具の接合部が乾燥してダメージを受けます。
夏は日が長くなり気温も高くなるため、湿気が多くなります。
夏のジメジメは、気温の上昇とともにさらに暑さを感じさせ、個人の快適性に影響を与える可能性があります。
湿度を管理することで、木製家具の接合部の緩みや静電気、その他健康上の問題を防ぐことができます。
あまり知られていませんが、木造住宅は鉄筋コンクリート造や鉄骨造と比べて、乾燥やジメジメが起こりにくいです。
これは木が水蒸気を吸ったり吐いたりするからです。

木造住宅は断熱性が高いので冬も暖かい

断熱性が高い住宅を希望しているなら、コストパフォーマンスを考えると木造住宅は賢い選択です。最近は、断熱材の性のが格段に良くなっていますので冬は暖かく夏は涼しく過ごすことができます。木造住宅というと、寒いイメージが持たれていますが性能の高い断熱材を入れることでそうした不快感を感じなくても済むのがメリットです。木造住宅は、建築費も比較的おさえることができて断熱材も普及しているもので十分高い断熱性が期待できます。これから冬は暖かく夏は涼しい住宅を建てることを考えているなら、木造住宅を選択肢に入れるのがお勧めです。鉄筋やコンクリートなども性能は高いですが、その分建築費用も高くなります。断熱に関する性能が高いと、その分光熱費も節約することができますし快適に過ごすことが可能です。冬場に寒いのが苦手な方は、少し厚めの素材でしっかりと断熱してもらうとよりあたたかく過ごせますし、夏は涼しくすごすことができます。

木造住宅では杉やヒノキが採用されることが多い理由とは?

木造住宅では杉やヒノキがよく使用されます。理由として杉には特有の芳香があり、木造住宅に使うことによって家の中で自然の香りを楽しむことができるからです。また比較的柔らかく、冬には住宅の中を暖かい状態に維持する効果があります。シロアリや菌に強いことも理由の一つです。そしてヒノキが採用されている最大の理由は、耐久性が高いことが挙げられます。その強度は、伐採後200年程度は強度が上がり続けるほどです。虫や菌に強いだけでなく、水湿に強い傾向もあります。杉と同じく香りや見た目も良く、住宅のみならず寺の建築などにも使える優良材です。これは、世界最古の木造建築で世界遺産にも登録されている法隆寺に使われていることからも分かります。木造住宅で高級感を演出する場合も最適です。このように、杉はやや劣る部分があります。そのため価格も低くなっています。しかし、その価格の安さも杉がよく使用される理由の一つであるといえます。

木造住宅は鉄筋系よりも低コストな傾向がある

鉄筋住宅は、柱などの骨組みを鉄筋組み上げ、その周辺を型枠で囲み、中にコンクリートを流し込んで作る建物です。鉄筋住宅のメリットとしては、耐震性や耐火性、遮音性、デザイン面に優れているという点があげられます。ただ建築費用が高額になりやすく、湿気が充満しやすいためかびが発生しやすいというデメリットがあります。木造住宅は、主要な部分に木材を使用し、古来から日本の建築物に使用されてきた工法です。鉄筋住宅に比べ木造住宅は吸水・吸湿性に優れていますから、湿気の多い日本の気候に適しています。木造住宅のメリットとしては、他の工法に比べて低コストで建築費が抑えやすく、リフォームや増改築を行う際にも、解体にかかる労力が少なくすみます。どんな住宅でも長く住み続けるためには定期的なメンテナンスを行うことが大切です。また用途の限られた間取りにしてしまうとリフォームが必聴になりますから、長く住み続けられる設計にすることも大事だといえます。

木造住宅の寿命年数の目安はどれくらい?

国内にある住宅の約半数以上が、木造住宅となっています。日本は高温多湿の気候を有しているため、木材を活かした住まいを用意することで室内で快適に生活をすることが可能です。おもに平屋から2階・3階建ての住居を材木で作り上げることができ、昨今では地震の激しい揺れに対しても高い耐震性を備えた木造住宅を生み出せる工法もあります。そこでここでは、木造住宅の寿命年数について見ていくことにしましょう。一般的な住まいの場合、その寿命は約40年となります。ただし、周辺環境によって寿命年数は大きく左右をされます。たとえば海辺地域にある木造住宅なら、約30年と年数が短くなるわけです。その理由は海風に含まれる塩分が影響しており、屋根や外壁に塩分が付着をすると一気に劣化が進みます。このため、少しでも長い間住むためには定期的なメンテナンスをしないといけません。外壁と屋根の塗装や葺きかけをすれば、大幅に良い状態を保つことができます。

木造住宅なのに寒い理由はサッシにある?

日本家屋で豪雪地域に限らず、冬は家が寒いと感じている人はとても多くいます。雪が降らない地域で生活している人であっても、家の中にいるにもかかわらず寒いと感じる場合が多いです。日本では断熱効果の高い木造住宅が多いにもかかわらず寒いと感じてしまう原因となるのが、窓に使用されているサッシが原因の1つです。木造住宅であっても窓枠に使用するサッシ部分にはアルミが使用されている事が殆どであり、このアルミ自体が寒い原因となっています。アルミは断熱性能が著しく低く、まどを2重構造にしたとしてもアルミの性質によって暖かさを保つ事が難しいのが現状です。そのためより暖かい熱を保つために、素材として樹脂を使用した素材に交換する方法が有効的となります。アルミ素材に比べると断熱性能に優れており、暖められた空気を保つ事が可能です。窓の素材を交換することで効率よく熱を保つ事ができ、エアコンなどの暖房効果を高めより暖かい空間を保つ事が出来ます。

著者:菅野佳子

筆者プロフィール

福島県会津若松市生まれ。
木造住宅に憧れ新築の木造住宅を建てました。
この経験をもとに木造住宅の記事を書いています。
会津若松市で木造住宅を建てよう!